忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(02/07)
(11/04)
(06/01)
プロフィール
HN:
sou
性別:
男性
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
© 2008 souisland
ひとつの短編小説にひとつの楽曲を
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「素敵ね」

開放された窓から風が入ってきた。
円やかな秋を含んだ香りを全身に感じた。

僕の部屋だった。

数百冊の書籍、数百枚のレコード、CDが
壁一面を覆いつくしていた。
それはまさに2人の前に立ちはだかっていた。


一冊一冊を手に取っては
喜びに満ちた顔で言う。

「借りていい?」

どうして、どうして、そんなに限りないほどの
美しい笑顔が出来るのだろうか。

「いいよ」

僕も精一杯の笑顔で応じる。



一枚のアルバムを手に取り
ターンテーブルに置き、針を落とす。


「Body And Soul」



様々な小説のこと、音楽のこと、日々のこと
とりとめもなく、でも真剣に話をする。


やがて2人はソファーでうたたねをする。
穏やかな安らぎの時間がゆっくりと過ぎていく。




僕たちは共通の夢を見ていたのだろうか。



数ヵ月後僕はいない、かもしれない。


その夢のつづきを見たかった。
その夢の記憶の糸をそろりそろりと辿ってみた。


でも、その夢の行方も、輪郭さえも掴むことは
できなかった。


誰かが、涙を流していた。


誰かはわからない。
そんな情景だけが微かに脳裏に残余していた。


ただとても心地よかった。
あたたかい光と温もりに満ち溢れていた。



僕はどうしようもなく泣き出したくなった。(sou)

PR

人々の生活に欠かせない楽曲。

星の数ほどもある中で

ひとつの楽曲が鮮明に記憶を呼び戻す

糸口になりうる。

それは必ず心を大きく揺さぶるだろう。

創作小説と楽曲のコラボレーションを

シリーズで繋ぎ合わせていきます。(sou)

© 2008 souisland

 

いったん冷えきった男と女が
再生するすることはまずありえないと思います。

それでも良い思い出だけを引きずり努力をして
つづけて行こうとすれば
それはお互いに悲劇でしかない…。

「別れ」
ひとはそれを乗り越えて行かなければならない…。
素晴らしい思い出を空虚なものにしてはいけない…。

「消えない記憶」

「ひとつの短編小説にひとつの楽曲」をテーマにした「fantasia」の新作です。

テーマ曲は
デヴィッド・フォスターがアース・ウインド・アンド・ファイヤーに
プレゼントし自身もエア・プレイで手がけた曲。
「After The Love Is Gone」です。

どうぞご賞味ください。


↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

hw001.gate01.com/so-mi-k/novel11.3.html

© 2008 souisland

 

Copyright © souisland music novel fantasia。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]